<address id="nlr3t"></address>
<th id="nlr3t"></th><progress id="nlr3t"><i id="nlr3t"><strike id="nlr3t"></strike></i></progress>
<address id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></address><progress id="nlr3t"><i id="nlr3t"></i></progress>
<thead id="nlr3t"></thead>
<cite id="nlr3t"></cite>
<ins id="nlr3t"></ins>
<cite id="nlr3t"></cite>
<address id="nlr3t"></address>
<address id="nlr3t"><del id="nlr3t"><ruby id="nlr3t"></ruby></del></address>
<progress id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></progress>
<var id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></var><ins id="nlr3t"><span id="nlr3t"></span></ins>
スマホ版サイ?#36259;?#35211;る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

全国的に見直される 子どものスマホ利用ルール

子育て?教育

全国的に見直される 子どものスマホ利用ルール

SNS依存、睡眠不足、学力低下など、小学生でも様々な問題

 ルールを決めずに自由にスマートフォン?携帯電話等を利用するこ?#36259;恰?#23567;学生においても様々な問題が起きている。SNS依存、睡眠不足、学力低下など、問題は多岐にわたる。そこで、全国的に改めて「ルール」の効果が見直されている。新聞に掲載された記事から、子どもを守るために必要なルールについて見ていこう。

【事件を読む!】「SNS東京ルール」が策定

 今回取り上げる記事の一本目はこちら。


朝日新聞 東京)SNSのルール独自に作る方針 都が教育施策大綱
http://www.asahi.com/articles/ASHCS56LSHCSUTIL046.html

◇記事のポイン?#21462;?br /> ○都知事は2017年?#36259;蓼扦?#23398;校教育の基本方針「都教育施策大綱」を策定、公表した
 ○学習の弊害やいじめの温床になるSNSについて、独自の「SNS東京ルール」を策定
 ○他に世界で活躍できる人材の育成、2020年東京五輪?パラリンピック教育の推進、不登校?中途退学対策など7項目がある

「SNS東京ルール」(http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/11/20pbq200.htm)は以下の通り。

1 一日の利用時間と終了時刻を決めて使おう
2 自宅でスマホを使わない日をつくろう
3 必ずフィルタリングを付けて利用しよう
4 自分や他者の個人情報を載せないようにしよう
5 送信前には、相手の気持ちを考えて読み返そう

 つまりルールでは、スマホの利用時間を抑えるこ?#21462;?#22812;間の利用を控えるこ?#36259;?#25552;案。利用上でトラ?#33437;毪摔勝轆浹工?#20491;人情報の掲載やコミュニケーション上のトラ?#33437;搿?#36949;法有害サイ?#36259;丐違ⅴ互工勝嗓?#38450;ごう?#36259;いΔ玀韋趣勝盲皮い搿?/p>

 SNS東京ルールを決めた背景には、様々な問題があるようだ。平成26年?#21462;弗ぅ螗咯`ネット?携帯電話利用に関する実態調査報告書(東京都教育委員会)」による?#21462;?#23567;学生のスマートフォン?携帯電話の利用率はかなり高くなっている。小学3年生でも、約8割が自分のスマートフォン、家族のスマートフォン、携帯電話いずれか?#21619;?#26411;が利用できる状況にあるのだ。小学4年生では95%くらいが、小学5、6年では一人最低一台以上利用できる状態だ。

※画像は東京都「SNS東京ルール」のサイトから引用

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

要注意!子どもスマホ事件簿

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て?教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード

特别缘分单双中特
<address id="nlr3t"></address>
<th id="nlr3t"></th><progress id="nlr3t"><i id="nlr3t"><strike id="nlr3t"></strike></i></progress>
<address id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></address><progress id="nlr3t"><i id="nlr3t"></i></progress>
<thead id="nlr3t"></thead>
<cite id="nlr3t"></cite>
<ins id="nlr3t"></ins>
<cite id="nlr3t"></cite>
<address id="nlr3t"></address>
<address id="nlr3t"><del id="nlr3t"><ruby id="nlr3t"></ruby></del></address>
<progress id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></progress>
<var id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></var><ins id="nlr3t"><span id="nlr3t"></span></ins>
<address id="nlr3t"></address>
<th id="nlr3t"></th><progress id="nlr3t"><i id="nlr3t"><strike id="nlr3t"></strike></i></progress>
<address id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></address><progress id="nlr3t"><i id="nlr3t"></i></progress>
<thead id="nlr3t"></thead>
<cite id="nlr3t"></cite>
<ins id="nlr3t"></ins>
<cite id="nlr3t"></cite>
<address id="nlr3t"></address>
<address id="nlr3t"><del id="nlr3t"><ruby id="nlr3t"></ruby></del></address>
<progress id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></progress>
<var id="nlr3t"><del id="nlr3t"></del></var><ins id="nlr3t"><span id="nlr3t"></span></ins>